テーマ:

第35回JPS展入賞作品

台風が接近という事で 今日予定していた 奥会津への撮影はやむなく中止した 台風には勝てませんね と言うわけで自宅で 溜まりきった写真の整理をしていた それと宅配が未開梱のままある事に気がついた 送り主はとみると 今年のJPS展で展示された作品が 着払いで送り返されて来ていることが分かった でもって その作品…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

花から花へ

と 飛び廻る蝶は 元気者だ 暑さでダウンする私を あざ笑うかのように ギラギラと照りつける太陽の中を 自在に飛び廻っていた 撮影地:浜離宮恩賜公園 時は流れ はや10月 秋風が吹く季節なのに 季節はまだまだ夏だ 今年の紅葉撮影は はたしてどうなるのだろうか?
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

猛暑の記憶

毎年夏には 決まったように訪れるところがある 写真を撮り始めて ズ~ッと続く習慣である 撮影しながら 缶ビール片手に 木陰のベンチで休む 心地よい風に 至福の時を過ごす そんな撮影スタイルで 一日はアッと言う間に過ぎ去る だが今年は駄目だった あまりの暑さに 撮影中に中枢神経が おかしくなる …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やっぱ変?

ご無沙汰していました 本人はいたって健康で 東に 西に 北に 南に 飛び回っていましたが 今年の猛暑には打ち勝てず 机の上の機械が この夏に ご臨終となってしまいました 5年ほど酷使をしたせいなのか ある日突然 機能停止 写真などのバックアップは 取ってあったので 被害は最小限で済みました …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

アサギの舞

今年の第34回JPS展 入賞作品です 画像を荒くしています 原画とはかなり印象が違う事を ご了承願います 撮影したカメラは 入門機と言われる CANON EOS kiss digi Xです 一連のアサギマダラの作品の使用権を 他の会社へ本日移行いたしました アップしたところで即削除をして申…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やっとのクロアゲハ

今年は 蝶をあまり撮影していない と言うより 蝶を目的とする撮影をしていない 狙っていたシーンの作品が 昨年撮れちゃったせいかもしれない 数少ない今年の蝶写真の中から ノアザミ(?・・・多分)に 吸蜜に訪れたクロアゲハ よほどお腹がすいていたのでしょう 飛んだり戻ったり繰り返していました 残念ながら魚眼…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

赤い花園

今年は満開が早いように感じです。 今年も何とか撮影することができました 久々に巾着田とも思ったのですが ¥1,000渋滞に嵌まりたくなかったので 結局のところ行きませんでした 行った先は高速を使わなくても行ける 権現堂桜堤 桜のシーズンに比べれば はるかに少ない人出です 撮影もゆっくりゆったり出来 私はこちら…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

フワ~リ フワフワ

気持ち良さそうに コスモスの上を遊泳していました と言いたいのですが アオスジ君は せせこましく スピーディに飛んでます 少しでも優雅に見せたいですね 今年は蝶を目的として ほとんど撮影に行かなかった 唯一浜離宮ぐらいであった 【ひとり言】 この時期 アサギマダラを求めて 信州にゆくのだが 渋滞…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

イエローワールド

年中行事となってる 浜離宮の蝶撮影に 例年3日ほど行くのだが 今年は15日になって やっと初日 と言うより最終日となるであろう 例年と違いほとんど蝶がいない ここでの蝶の撮影は 5~6年になるが これだけの不作は始めて 何が原因なんだろうか? 反面昨年までは あまり見かけなかった ツマグロヒョウモン…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

地表の命

遠目にも芝生の中の花は目立つ グリーンとイエロー やっぱり目立つ 高さは2cmぐらいかな? 意識しなければそのまま歩き 踏みつけてしまってるかも? このような場所に咲く花は強い 踏まれても踏まれても 起き上がってくる 地表の小さな花 この小さな花にも 大きな命が宿ってる その花の蜜を 大切に吸…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

はばたき

この花の名前は? たぶん、ベロニカ? あまり自信はありません 久々に蝶を モンシロチョウが、 この花の周りを 盛んに飛んでいました 流し撮りを試みたのですが・・・ ちょっとイマイチ では逆にスローシャッターで 動きを出すためにブラしたら って訳で モンシロチョウをブラしちゃいました ちょっとやり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオゴマダラ

さむ~ ちょっと避寒に琉球へ と言うのは嘘です 南房パラダイスの蝶館での撮影 ここには本土では珍しい 琉球列島に生息する蝶が 温室内を飛び回っています 追いかけなくても撮影できるので 蝶の飛翔撮影の練習には良いかもです このオオゴマダラは国内最大の蝶で 優雅にユラリユラリと飛びます 花は「バーベナ」かな? …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

♯秋なのね~ ♪

秋といえばコスモス。 撮るには撮っていたのですが 全然アップしてなかった。 でもって久しぶりに花札。 違った、花と蝶。 おや?  翅が・・・・ 人生(蝶生?)を生き抜いてきた証でしょうか?
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

夏の日の記憶-5-

今年の夏は、公私とも多くの出来事があった。 それだけに、印象強くもある。 目を閉じれば、浮んでは消えてゆく 出来事やシーン。 その中から特に強く写った事が 記憶の片隅に残ってゆくのだろう。 そんな私の記憶の中から今日は ギラギラ照りつける太陽の熱射を浴び 汗を噴出しながら撮影していた キバナコスモスとアオスジア…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

青空の遊泳

ウツギの木には、よく蝶が集まる。 ブットレアとも呼ばれる。 よほどおいしい蜜が出るのであろう。 この木にも多くの蝶が集まっていた。 殆どがこのツマグロヒョウモンであったが、 アオスジアゲハ、カラスアゲハ、クロアゲハ、 ナミアゲハなどもやって来た。 この木の周りにいれば、蝶の撮影には困らないかも と言うぐらいである…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

初物ゲット

クジャクチョウです。 アサギマダラの撮影中に、 目の前へヒラヒラやって来た。 サイケデリックな色彩と翅の目玉模様。 目立ちすぎだよね。 鳥に狙われないのかな? 大丈夫、翅の目玉が鳥除けになってるらしい。 【撮影データ】 カメラ: Canon EOS-1D Mark III レンズ:Canon…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

アサギマダラ-10-

浅葱色の美しい翅を透かしてみたらどんな感じに見えるだろうか? そんな馬鹿げた事が頭をよぎった。 思いついたら、どうしてもやって見たくなる。 いい歳したオヤジなのに・・・・ 好奇心ばかり強くて困ってます。 それでもってアサギちゃんで、 ちょっとお遊び撮影をしました。 太陽に透かした翅の印象は いかがでしょうか? …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

乱舞

ヒョウモン君たちの宴でした。 おいしい蜜があれば、宴がはじまっちゃうんですね。 いつまでも楽しそうに飛び回っていました。 【撮影データ】 カメラ: Canon EOS-1D Mark III レンズ:Canon EF28-300mm f/3.5-5.6L IS USM 焦点距離:100mm ISO:200 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

アサギマダラ-9-

青空、ギラギラ太陽、そして麗しの蝶。 とうとうこの組合せで撮影することが出来た。 今年の夏は撮影の時に、スカッと晴れることが少なかった。 それだけに、この撮影が出来た事だけで感謝である。 【撮影データ】 カメラ: Canon EOS-1D Mark III レンズ: SIGMA 15mm F2.8 EX D…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

この顔だ~れ?

って言って、かくれんぼ。 花の間からひょっこりお顔だけがのぞきました。 ユーモラスな表情ですね。 【撮影データ】 カメラ:Canon EOS-1D Mark III レンズ:TAMRON SP AF180mm F/3.5 Di LD [IF] MACRO1:1 焦点距離:180mm ISO:400 AV:…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

アサギマダラ-8-

ネタがないのか、アサギの虜になっているのか どっちなんだろうか? このアサギシリーズに、しばらくお付き合いを! 水平飛行で、花の周りをユラユラと飛んでいた。 いつもこの飛行姿の優雅さに、シャッターを押すのも 忘れてしまい見惚れていた。 今回はじめて飛んでるシーンで、シャターを切る事が出来た。 カメラ: Ca…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

アサギマダラ-7-

アサギマダラ-3-で70Cmまで接近し、 300mmで撮影した。 今回もっと寄りたいと言う衝動に駆られ 飽くなき挑戦をしてみた。 手持ちレンズで一番寄れる物。 FISHEYEである。 このレンズの最短撮影距離15Cm。 またまた馬鹿な挑戦。 逃げられる事覚悟で撮影に突入。 何とか撮影に成功はした。 300mm…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アサギマダラ-6-

暫し中断していたアサギマダラシリーズです。 青空にギラギラ太陽、まだまだ夏ですね! 再開第一弾は、スカッと爽やかに、 ポートレート風に撮影した決めポーズでした。 【撮影データ】 カメラ: Canon EOS Kiss Digital X レンズ: SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

アオスジアゲハのカップル

大荒れの相撲協会。 ひとつの答が出たようですね。 予想通りの常識的な答が・・・・ 怖かったのはドーピング検査を、 否定する事でした。 それが行われなかっただけでもホッ。 北京ではもうひとつのオリンピックが開幕した。 パラリンピックである。 マスコミの露出は少ないが、 不幸にして障害を持った方々の 熱戦に拍手を送りたい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

アサギマダラ-5-

『未知との遭遇』 こういう偶然もあるのですね。 アサギとカマキリのにらみ合い、 そのシーンを目撃してしまう私。 アサギちゃん、 無警戒で、お腹を出して一生懸命に吸蜜中。 目の前にいる相手が悪い! ワルキャラでダーティなイメージのカマキリ。 この後のシーンも撮影しましたが非公開。 でも最後は、私は白馬の騎士となり…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

アサギマダラ-4-

このアサギマダラが繁殖するこの地を訪れたのは 今年二度目となる。 あいにくの天気に濃霧。 果たして現れてくれるのか? かすかな望みを持って山道へ・・・・ ほどなく視界の開けたところで、 二匹に出会うことが出来た。 曇り空バックであったので、ちょっと雰囲気を変えるために モノクロ変換してみた。 【撮影デー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

翼を休めたキアゲハ

             朝から雷雨であったり、晴れ間から一転、あっという間に真っ暗になり、              叩きつける様な雨が降ったりと、一体どうなってしまったんでしょうか?              異常気象との一言では、片付けられない様に思います。              日本は本来温帯地域に属しますが、今の…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アサギマダラ-3-

70Cmまで寄って接近撮影。 逃げませんでした。 催眠術をかけたわけじゃないのですが・・・ まさかここまで寄っても逃げないとは・・・ 思ってもみませんでした。 これ以上接近して撮影できる機材(エクステンションチューブ)を 持ち合わせていませんでした。 それにしてもちょっと寄りすぎたかな? 実質的に300mmマクロ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アサギマダラ-2-

またまた、アサギマダラ登場! 今日は、横からのオーソドックスな表情です。 驚くくらいにモデルさん状態でした。 それにしても美しく大きな蝶です。 暫らくこのシリーズ続くかも(笑)   【撮影データ】 カメラ:Canon EOS 1D MKⅢ レンズ:TAMRON SP AF180mm F/3.5 Di LD [IF…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more