「しあわせの青い丘」は「しあわせな人の波」

となっていた

ネモフィラの丘を撮影しに
ひたち海浜公園を訪れたのは
今から6年ほど前になる

開園と同時に入っても
人も少なく
人を入れずに広角系レンズで
十分に撮影が出来た

だが・・・・
今は・・・・

高速道路本線上から
駐車場まで長蛇の列
それも開門前の9時ごろである

ほとんどの人は西口に集中する
私は渋滞が嫌だったので

そのまま高速を走り
海浜口へ(ここは穴場である)

なんとか園内に入ったが
はじめから撮る意欲は減退

チョビえもんを一緒に連れてきた
意味がここで生きて来る
チョビえもんスナップの始まりである

そんな中で一瞬の空白となる
空間が存在した
画像

6年の歳月は
この丘を大きく変えてしまった

秋は「コスモスの丘」ではなく
「コキアの丘」になってしまっている

この記事へのコメント

2010年05月09日 16:24
ネモフィラの丘はいろんな方のブログに登場してきてて行ってみたいなぁって思ってました。ある意味観光地をして認識されてきたのですね。写真を撮る側には複雑ですが。
また入選なさったんですね。怒りがエネルギーになったのでしょうか(笑)プロのカメラマンが皆人間的に優れてるとは言えないですよね。
2010年05月09日 18:05
私が行ったのは3年前ですが、平日だったので、それほど多くの人出ではありませんでした。
それでも開門と同時に、連れを置きざりにして丘までダッシュ、なんとか人が丘に登る前に撮影できました。
年々人気がうなぎのぼりになっているのでしょうかね。
お時間があったら私のつたないアルバムを、トップページからご覧下さい。
吟遊写人
2010年05月11日 00:14
☆mu.choro狸さん
昔空いていたころのネモフィラの丘
をアルバムにしてます。
よろしければTOPのアルバムに
入れてあります。
見てみてください。

プロと言ってもピンキリですからね。
プロとアマの狭間がない職業と思っています。
プロだと名乗れば資格も何も要りませんから
プロなんですよね。
変な職業だと思いますよ。
サラリーマンにプロとは言いませんし
料理研究家にもプロとは言いませんし
理容師も美容師も弁護士も教師も・・・・
写真家だけはプロと名乗る。
それだけアマとプロの差がないのだと認識しています。
吟遊写人
2010年05月11日 00:18
☆カンツォーネさん
アルバム拝見しました。
ダッシュして撮影されたのですね。
脱帽です。
私がアルバムにしたころは開門と同時ですが
ゆっくり歩いて言って撮ってます。
あまりの人気の無さにちょっと引きましたが・・・(笑)
やはりバスツアーが入り始めると一気ですね。
モラルの低下も一気ですが・・・・
2010年05月12日 22:40
6年ですか?
時間は自然も大きく変化させるのですね。
それにブームというのも左右するでしょうし
人間だって、ころっと変化しちゃうんですから^^

残しておいてほしいと、思う何か
そのままでいてと思う何か

大事なものを、人は忘れていく運命なんでしょうかしら?
吟遊写人
2010年05月15日 07:31
☆鈴さん
変化はマスコミでの報道でしょうね。
運営者とすれば人が押し寄せないと
まずいでしょうしね。
時それぞれの流れでしょうね。
だから今と言う時間を大切にしないと
いけないと思います。
時間は戻りませんから。

この記事へのトラックバック