冬の風車

この風車の回りは、チューリップ、桜、菜の花をはじめ四季折々いろんな花が咲き、我々の眼を楽しませてくれます。夏のライトアップは知っていたのですが、冬もあるとは知りませんでした。
夕焼けと青空、それを遮るかのように流れていた雲。どんよりとした重苦しい冬の空。結局この雲に遮られ、夕焼けは撮影中止。冬を感じさせるこの雲で撮影終了。

画像


    撮影データ
     カ メ ラ : EOS20D
     レ ン ズ : EF16-35mm F2.8L USM
     絞  り  : F8
     補  正  : -1/3
     撮影モード: AV優先
     SS   : 1/30秒(相当)   
     ISO   :  100
     測 光  : 中央部重点平均測光
     WB  :  太陽光  
     RAW撮影後、DPPピクチャースタイル「風景」にて現像
     撮 影 地 : 千葉県佐倉市・佐倉ふるさと広場  

今日から休みに入ります。
気の合う者だけで、ささやかな忘年会をしました。(一体何回目の忘年会なんだろうか?)
遠距離の悲哀は、終電近くの列車トラブルです。今日も京浜東北線が人身事故とやらで横須賀線も途中で足止めでした。最終的に10分の遅れで動いたのですが、チャント乗り継げるかどうか、心配になってきます。途中えらく飛ばしてるなって感じるくらいのスピード。福知山線の事故が頭をよぎりました。
ひとつ感心したのは、乗り継ぎの某私鉄。この私鉄は、JRと非常に中がよろしくなく、お互いの駅がビミョ~に離れているんです。
この私鉄が成田まで行く最終電車だったので、JR接続待ちで10分近く停車していました。これが顧客サービスなんだなって。
新幹線が雪で遅れた時、東京駅の地下ホームには最終電車が出た後でした。自社内(厳密には、JR東海とJR東日本)でも接続しませんでした。この二社の顧客に対する対応の違いは、一体何処にあるのか考えてしまいました。

この記事へのコメント

2005年12月29日 07:40
おはようございます。10月2日にコスモスと一緒に写っていた風車ですね。空が広く伸びやかな気持ちになります。青空とコスモスと風車を思い出すと、季節の移り変わりに深く感じ入ります。
Luckgo
2005年12月29日 11:12
まるで日本ではない風景ですね。
16-36mm/F2.8の使い方をひとつ勉強できました^^
『謝心』ですね。この気持ちって大切だと思います。
撮らせていただいている被写体へ感謝しなくては…

来る年からは、ファインダーを覗き込む時にてふ師範の『写心』+『謝心』を大事にしていきます。
2005年12月29日 18:42
kickhamさんこんにちは。
良いですね~。これは見事です。
風車ってなかなか無いんですよね。
僕も一度は撮ってみたいです。
ここ3週間ほど撮影してないので、行きたくて行きたくて・・・(笑
16-35ミリ、とっても良さそうですね。
僕は17-40ミリを購入予定にしています。
kickham
2005年12月29日 20:54
湖のほとりから・・・さん こんばんは
 過去の物をご記憶いただき、ありがとうございます。
 同じ被写体も季節を変えて撮ると雰囲気が変わりますね。
 それは自然のものでも、このような建造物でも。
 季節の移ろいを肌で感じるって大切な事ですよね。
kickham
2005年12月29日 21:06
Luckgoさん こんばんは
 >まるで日本ではない風景ですね。
 印旛沼のほとりに、この風車は建っています。
 春には日本最大規模のチューリップガーデン
 が、この風車の周りに現れますよ。

 >・・・使い方をひとつ勉強できました^^
 そう言って頂けると嬉しいです。
 
 良い師範をお持ちで良いですね。
 来年もドンドン師範の技や写心を継承
 してくださいね。
 
 
 
kickham
2005年12月29日 21:18
eos44さん こんばんは
 お褒めにあずかり、ありがとうございます。
 そういえば京都には風車なさそうですね。
 私の住んでる町は、蘭学発祥の地でもあります。
 そう言った事からオランダとの交流が盛んで、
 風車の建設に至ったようです。
 
 3週間撮影していないって?
 それって健康に良くないですよ(笑)
 年末年始の京の都のスナップお願いしますよ。

 16-35と17-40は、私も悩んだのですが
 広角域での1mmの差と何しろ明るいレンズが
 欲しかったので、16-35を選択しました。
2005年12月29日 22:19
前にアップされた幻の入選作と同じアングルですね。でも雰囲気は全然違いますね。
私も今度同じ場所で撮ってみようかな。勿論「月とスッポン」どころか「太陽系と一円玉」くらいの差がありますけど..。
kickham
2005年12月29日 23:33
カンツォーネさん こんばんは
 年度違いのほぼ同じアングルです。
 >雰囲気は全然違いますね。
 これが風景の一番面白いところかもしれませんね。
 まさに一期一会ですね。
 撮影が11月だったので、現在も同じ環境か
 どうかは分かりません。
 丁度今頃は草も枯れ、湖畔に降りやすいと思います。
 マラソンロードの所にある白い手すりも綺麗に
 消えてくれますよ。
2005年12月30日 01:07
こんばんは。
色、構図、流れるような雲..雰囲気があって素晴らしいです。
Kickhamさんの作品で何度も拝見した為か、この風車のある風景、とても親しみを感じます。立ち枯れているのはコスモスでしょうか。
満開の頃の光景と錯綜して、作品がいっそう深みを増すように思えます。
kickham
2005年12月30日 09:00
pianoさん おはようございます
 印旛沼のほとりに建つこの風車は、街の
 ひとつのシンボルとなっています。
 この脇にかつて高橋尚子、有森裕子など
 が、トレーニングで走ったマラソンロー
 ドがあります。
 事あるごとに、この風車の撮影をします
 が、色々な表情を見せてくれます。

 立ち枯れてる物は、沼の岸辺に群生して
 いる葦です。
 チューリップと風車の風景としてのコラ
 ボ(必ず人が写り込んでます。)を来年
 の課題にしたいと思っています。

 

この記事へのトラックバック